1990s Review

  1. Home
  2. Achievement
  3. Review
  4. 1990s

鉛フリーはんだの最新動向と課題,

菅沼 克昭,
M & E, 6月号 (1999) pp. 150-157

金属間化合物の破壊靭性と材料設計,

井上 雅博,菅沼 克昭,
セラミックス, Vol.34 (1999) pp. 450-454

エレクトロニクス実装における鉛フリーはんだ開発の現状,

菅沼 克昭,
信頼性, Vol. 12, No. 4 (1999) pp. 192-196

量産実用化を迎えたアルミニウム基複合材料,

菅沼 克昭,
アルミニウム, Vol. 6, No. 31 (1999) pp. 145-151

C-B-Nフラーレン物質の形成と構造-未知のオングストローム空間-,

奥 健夫,平野 孝典,菅沼 克昭,
マテリアル・インテグレーション, Vol. 12, No. 8 (1999) pp. 41-46

「界面」と「ナノ」をキーワードに~実用化に繋がった研究2題~,

菅沼 克昭,
バウンダリー, 15[10] (1999) p. 2-8

鉛フリーはんだ開発の現状,

菅沼 克昭,
表面技術, Vol. 50, No. 12 (1999) pp. 1063-1070

高分解能電子顕微鏡による原子位置定量評価,

奥 健夫,
バウンダリー, Vol. 15, No. 8 (1999) pp. 28-34

B-C-Nフラーレン,

奥 健夫,平野 孝典,菅沼 克昭,
バウンダリー, Vol. 15, No. 9 (1999) pp. 15-20

鉛フリーはんだの最新研究動向実装技術ガイドブック,電子材料別冊,

菅沼 克昭,
実装技術ガイドブック, (1999) pp. 15-25

マイクロソルダリングにおける鉛フリー化の動き,

菅沼 克昭,
生産と技術, vol. 50, No. 3 (1998) pp. 78-82

さらなる高性能化を目指して~アルミナイド基複合材料の複合化の指針と強化メカニズム~,

井上 雅博,菅沼 克昭,
BOUNDARY, vol. 14, No. 3 (1998) pp. 39-45

セラミックス繊維強化アルミナイド,

井上 雅博,菅沼 克昭,
まてりあ, vol. 37, No. 4 (1998) pp. 230-233

セラミックスと金属の接合,

菅沼 克昭,
ケミカルエンジニアリング, vol.42, No.42 (1997) pp. 53-58

鉛フリー化を迫られるはんだ開発,

菅沼 克昭,
回路実装学会誌, vol. 12, No. 3 (1997) pp. 83-89

はんだの使えなくなる日,

菅沼 克昭,
Boundary, vol. 13, No. 4 (1997) pp. 22-29

セラミックスと金属の接合,

菅沼 克昭,
FC Reoprt, vol.14, No.10 (1996) pp. 262-270

To top